市販のクレンジングゲルを敏感肌の人が比較するときは

市販のクレンジングゲルを敏感肌の人が比較するときは、肌への優しさを重視しなければならないので、余分な添加物が含まれていないものを選ぶようにしてください。

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているので、普通肌の人よりも着色料や香料などの成分の刺激に弱くなっています。無添加で作られたクレンジングゲルを比較してから選べば、肌に負担をかけないので、安心して使うことが出来ます。

敏感肌の人がクレンジングゲルを比較するときに注意したいのは、拭き取りタイプのような肌に負担の大きいものは選ばないということです。拭き取りタイプは忙しいときには非常に便利で、拭き取るだけで簡単にお化粧を落とせるので人気があります。しかし肌に摩擦を与えてしまうので、敏感肌の人には刺激が大きく、赤みや腫れ、かゆみなどの原因になります。

摩擦が少ないのはオイルタイプですが、強い洗浄力が刺激となるため、敏感肌の人は避けた方が良いでしょう。洗浄力が弱めのタイプがおすすめなので、ジェルやミルク、クリームなどのタイプなどを選びましょう。これらのクレンジングゲルはオイルタイプと比較すると洗浄力が弱いですが、あとで洗顔料を使うので、メイクを浮かせることさえ出来れば、わざわざ洗浄力が強いタイプを選ぶ必要はありません。クレンジングゲルは種類が多いので、比較するのが難しいときはランキングサイトを参考にするようにしましょう。敏感肌用の商品で、ランキングで上位に選ばれているものなら、肌に負担を与えることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です