クレンジングゲルの選び方と使い方

クレンジングゲルには主に3種類あり、普段行っているメイクや肌コンディションによって選ぶべき種類が異なります。

一般的には吸着性や肌馴染みの良さが大きなメリットになっていて、ジェル状のテクスチャであることから手と肌との摩擦を軽減できます。クレンジングでは洗う時の摩擦が肌への大きな負担になるのですが、クレンジングゲルなら最小限の刺激で済ませることが可能です。タイプ別に見ると水性と油性があり、水性にもオイルが含まれているものとオイルフリーのものとがあります。

水性でオイルフリーのクレンジングゲルは肌にもっとも優しいタイプですので、敏感肌の人や肌荒れを起こしていている人にピッタリです。ナチュラルメイクの人なら十分に落とすことができますし、マツエクを付けていても使えますが、濃いメイクの人はメイクを落としきることができません。オイルの含まれているクレンジングゲルは少し濃いメイクでも落とすことができますが、基本的には水性ですのでさっぱりとした洗い心地です。

油性はオイルをジェル状にしたクレンジングであり、メイク落ちの良さに関しては定評があります。オイルが主成分になっていますのでウォータープルーフマスカラやリキッドファンデーションも落とせますし、肌への摩擦は少ないタイプです。しっかりメイクをしている人は必然的に油性のクレンジングゲルを選ぶことになりますが、肌が疲れている時にはメイクを薄くして水性に切り替える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です